肝臓の働きを知れば大切にしたくなる

パーツ

肝臓の構造

肝臓は、臓器の中でも大きい方で、成人の男性で1200グラムから1400グラム、成人女性で1000グラムから1200グラムほどあります。

肝臓の下面のほぼ中央に肝門と呼ばれる大きな血管の出入り口があり、門脈と肝動脈という2つの大きな血管が肝臓内に入っています。
人の身体を正面から見た時に、向かって右に左葉、左に右葉という部屋のようなものがあり、肝門の横に胆嚢があります。
肝臓へ入ってくる血液は、腸や脾臓を循環して栄養分を豊富に含んだ血液が、肝臓へ流れ込んでくる全血液量の70パーセントを門脈血から、 残りの30パーセントを動脈血から入ってきます。

この時栄養素の中に酸素はほとんど残っていない状態なので、酸素は大動脈から直接入ってくるような仕組みになっています。

肝臓の働き(代謝)

肝臓には働きがたくさんあるので、身体の臓器の中でも重要な役割を果たしています。
肝臓が疲れて働きが悪くなると、他の臓器にも悪影響が出てくるほど、身体の健康を保つのに重要な臓器なのです。

その働きの中に、タンパク質の代謝、糖の代謝、脂質の代謝、ビタミンの代謝、ミネラルの代謝、胆汁酸の代謝など、 口から入ってきた食品のほとんどのものの代謝を行っています。
代謝を行うことで、身体のあちこちで働いている細胞に適切な栄養素を届けたり、不要な場合は肝臓に蓄えておいて、必要な時に放出するといった働きも行っています。

過剰な脂質を摂取してしまうと、脂肪肝になるリスクが高まり、肝臓の機能の低下を起こしてしまう可能性が高くなってしまうので、脂っこい食事が多い人は特に、 摂取する量には注意が必要です。

肝臓の働き(解毒)

肝臓では食事から得た栄養素を分解し、身体の細胞に必要なところに届ける働きがありますが、同時に体内に取り入れた身体にとって有害な物質を解毒し、 体外へ排出するといった働きも持っています。

身体にとって有害な物質といえば、アルコールや食品添加物です。
また、体外から取り入れたものだけでなく、体内で発生した有害物質も水に溶けやすい物質に分解して尿に溶かし、体外へ排出されます。
食べ物が腸にたどり着き、そこで消化吸収される際やアミノ酸が分解される時にアンモニアという身体にとって有害な物質が発生し、 そのままにしておくと全身を血液に乗って回り、脳に悪影響を与えてしまうのですが、 そのアンモニアを肝臓では尿素に変えることで無害にするという重要な解毒の働きを持っているのです。
アルコールを日常的に摂る人や、急に大量のアルコールを摂った時は肝臓の解毒機能が疲労して弱まってしまいます。 アルコールを飲む人は日頃からガンマGTPを下げる効果がある食べ物などを摂って、肝臓をいたわるようにしましょう。 もし普段の食生活だけではケアできるかどうか不安だ、という方は、肝臓の数値を下げる効果があるとされているサプリなどで補給すると良いでしょう。

肝臓の働き(胆汁分泌)

肝臓には、胆汁を分泌する働きがあります。
胆汁の成分は、胆汁酸、ビリルビン、コレステロール、リン脂質などで、肝細胞で1日に600?800ミリリットルほど作られています。
胆汁はアルカリ性の酸っぱいような液体で、黄褐色の色をしています。

肝臓で作られた胆汁は、総胆管を通って一旦肝臓のすぐ隣にある胆のうに濃縮されて蓄えられ、人が食事をして食べ物が胃から十二指腸まで運ばれてくると、 胆汁が十二指腸に送り込まれて、膵液と一緒になることで脂肪やタンパク質を分解させやすくし、腸から吸収しやすいようにします。
特に脂肪酸は吸収されにくいので、吸収されやすい形状に変化させる働きを持っています。

また、尿と同じように身体にとって不要なものを排出する働きもあります。
こういった、消化に欠かせない胆汁を、肝細胞は作っているのです。

肝臓の働き(エネルギー貯蔵)

食べ物を食べると、その栄養素を化学反応させて分解したり、必要に応じて糖から脂肪を作り出したり、 逆に身体が必要としている場合はアミノ酸や脂肪から糖を作ったりする働きがあり、肝臓ではある程度臨機応変に対応することができます。

食べ物から摂取した栄養素を身体が利用しやすい形に変化させて、余れば貯蔵したり、必要な時に放出したりと、 体内の状態に合わせて必要なエネルギーを調節するために貯蔵しているのです。

肝臓がきちんと機能して、適切な化学分解や処理をしてくれることによって、栄養分が体内で活用されるので、飲酒や暴飲、 暴食を繰り返すことで肝臓に大きな負担がかかると、こういった機能が適切に行われなかったりするので、肝臓をいたわる生活を心がけていきましょう。

B型肝炎

B型肝炎は、B型肝炎ウイルスに感染している人の血液や体液を介して感染することにより起こる病気です。
感染経路としては、出産時のB型肝炎ウイルス感染者の母親から子への感染とそれ以外の感染とがあります。
B型肝炎は感染した時期や健康状態によって、一過性感染で終わる場合と6カ月以上にわたって感染が持続する持続感染とに分けられます。
現在の日本の感染者は110万人〜125万人(2011年時点)と推定され、その多くは60歳以上の高齢者ですが、近年では性的接触等による若年者の感染も増えています。

B型肝炎患者ののうち、昭和23年から昭和63年までの間に受けた集団予防接種等(予防接種またはツベルクリン反応検査)の際に、 注射器(注射針または注射筒)が連続使用されたことが原因でB型肝炎ウイルスに持続感染した方は最大で40万人以上とされています 。
この感染患者の方の一部が国に対して損害賠償を求めて集団訴訟(B型肝炎訴訟)を起こしました。
この訴訟については、裁判所の仲介の下で和解協議を進めた結果、平成23年6月に、国と原告との間で基本的な合意がなされました。
さらに、今後提訴する方への対応も含めた全体の解決を図るため、平成24年1月13日から、特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法が施行され、 裁判上の和解等が成立した方に対し、法に基づく給付金等を支給することになりました。

ALTの数値と病気の関係

ALTは血液検査で数値を把握することができ、この数値を調べることで、自覚症状の感じにくい肝臓に異常や疾患の早期発見、予防につなげることができます。
ALTの基準値は4から45で、若干この数値よりも低かったり高かったりだと疾患があるという可能性は低いのですが、 数値が100を超える場合は何らかの異常が肝臓にあることを意味しているので、早期に肝臓の精密な検査が必要となります。

ALTの大部分は肝細胞に含まれており、この数値が高いと、脂肪肝や慢性肝炎である可能性が高くなってしまいます。

ALTは肝細胞の中で作られる酵素で、体内でのアミノ酸代謝やエネルギー代謝を行う過程で重要な働きをしますが、肝細胞が壊れ、 肝臓が正常な働きをしていない場合はその壊れた肝細胞からALTが漏れだし、血液に漏れだすことで、血液検査の数値として現れてくるので、 肝臓の病気の早期発見を行うことができます。

姉妹サイトはこちら

http://www.xn--vck8crc869oql6chca05ag07k.com/
http://www.xn--gck4a2a6g1dc4d.biz/
http://www.xn--68jc1jyild0d4c9c2dx640f14od.com/

パーツ
This template made by
素材屋